マックでインスタ投稿

インスタグラムは通常はスマホアプリのinstagramアプリで投稿します。

しかし、Macパソコンで画像加工した写真をアップしたいときや、スタッフや外注スタッフに更新してもらう際に、パソコンから投稿したほうが便利な場合があります。

そんな方のために、今回はMacパソコンでインスタ投稿する手順をお伝えします。

なお、今回は、Macのパソコンで、Macの通常ブラウザであるSafariを利用した手順をご紹介します。

このやり方は、Safariをモバイル表示に切り替えて、モバイル表示した際に更新することにより、インスタグラムの投稿ができるようになります。

ウィンドウズPCでインスタ投稿するやり方は最下方に掲載しています。

では、実際に手順通りに進めていきましょう。

Safariをモバイル表示に切り替える方法

メニューから[Safari]をクリック

→[環境設定]を選択

[詳細]を選択

項目の一番下にある「メニューバーに”開発”メニューを表示」に
チェックをして閉じる

メニューのブックマークとウインドウの間に「開発」の項目が追加で表示される

[開発]から[ユーザーエージェント]>[Safari-iOS iPhone]をクリック
ブラウザがモバイルでの表示に切り替わる

レスポンシブデザインモードにする」を選択

iPhoneSE ~ 8ならどれでもOK。好きなものを選んでください。

インスタグラムを開いてログイン
https://www.instagram.com/?hl=ja

通常通りユーザーネームとパスワードを入力でログイン

フィードに投稿する方法

ログインしていれば、下方にメニューバーが表示されるので
その中の[]を選択。

もしメニューが表示されていない場合は、
[command+R]かURLの横のリロードボタンでリロードすれば表示されます。

使いたい画像をフォルダから選ぶ。
マックではjpgファイルのみの対応(pngファイル不可

[編集する]では、写真のトリミングと画像の回転

フィルタでは画像の色合いの変更が可能

[次へ]をタップ

キャプションを入力。
入力箇所が小さいのでテキストエディットなどで、あらかじめ文章は作成しておくと良いでしょう。

[シェアする]をタップ

これでインスタグラムの投稿が完了しました。

タグ付けはPCからだと現状できません(2020/02/20)。
キャプション内への#によるタグは通常通りできます。

以上が、Macパソコンでインスタ投稿をするやり方になります。

 

WindowsのPCから投稿する方法

ここからは関連した内容になります。

今回は、MacのパソコンでSafariで投稿するやり方をお話ししました。

もちろん、Windowsパソコンから投稿したり、Googleクロームブラウザで投稿したりすることができます。

■パソコン投稿の記事

パソコンでインスタグラム投稿する方法(Windows版)

■パソコン投稿の動画解説(Windows版)

 

インスタグラムを予約投稿する方法

実は、インスタグラムは予約投稿することもできます。

別記事又は動画で解説しているのでご参照ください。

■インスタ自動予約投稿の記事

インスタグラム自動予約投稿するやり方

■インスタ自動予約投稿の動画解説